ダイエットエステ

MENU

 

健康診断で引っかかり

私は現在も継続中のダイエットがあります。それが和食ダイエットです。
きっかけは健康診断で尿酸値・血圧・肝臓・メタボで引っかかってしまった3年前に遡ります。

 

当時の私は暴飲暴食当たり前で、夜は深酒、朝から油っこい食事というそれは立派な肥満体でした。

 

しかし、健康診断で医師から指摘されて現在の状態が如何に恐ろしい状態なのかを説明されて怖くなり、医師の指導の下、この和食ダイエットを開始するに至りました。

 

簡単に言うと、これはダイエットというより食生活の改善と考えるべきなのでしょうが、効果は抜群で私はこの3年間でMAX101kgあった体重が77kgまで落ちました。

 

現在も継続中であるので、その77kgというのが今の体重ということになります。もう当時の服は捨てるしかなく、新しく今の体に合う服を買ったことが勿体なかったくらいで、やはり健康体が一番です。

 

さて、その和食ダイエットの方法ですが、3食の基本を紹介します。
朝は納豆・茶碗半分のご飯・ワカメの味噌汁です。ご飯は申し訳程度に食べるようにしています。

 

昼は野菜を多めに、野菜炒めや煮魚などを中心に油で揚げた物を避けるようにしています。
夜は肉も食べます。

 

ですが、脂身の部分は落として、なるべく鶏肉を中心にしてたまに豚を、ごくまれに牛を食べるくらいにしました。これは昔の食生活の真逆を意識したメニューです。

 

昔は牛>豚>鶏>魚くらいの食べる頻度だったのですが、和食に変えてからは和食に合うメニューが自然と真逆の魚>鶏>豚>牛になっているのに気付き、それからはそれを強く意識してメニューを考えるようにしました。

 

一応は医師の指導の下に始めた和食ですが、やはり急激な変化ではなく緩やかに効果が現れます。

 

むしろ、急な変化が出るものはリバウンドも激しくオススメされませんでしたので、根気よくゆっくりと1年かけて10kg痩せるくらいの気持ちでやるのが良いのではないかと思います。

 

何事も焦って結果を出そうとせず、ゆっくり気楽にやって忘れた頃に効果が現れるくらいの気の持ちようが一番良いのではないかと、今振り返ってみて思います。